ソロ晩酌

「台所の窓から」なんてタイトルをつけたわりには、

最近とみに料理をする気持ちが萎えていて(食べる気は満々なんだけど)

張り切ってご飯を作る気持ちになれない。



しかし、ちっとも台所(で作ったもの)が出てこないのもなんだかなぁ・・・と、

昨日は久しぶりに、和総菜をいくつか添えて焼き魚定食を予定。

魚があまり好きじゃないオットーのために、汁は豚汁(肉少なめ)も用意。



為せば成る!!!



と悦に入っていると、そんな日に限って、オットーから暗い声で電話。

仕事が立て込んで、深夜帰宅か泊まりになりそうだと・・・(よって夕食いらない)

どうも泊まり込みになる可能性の方が高そう。(結局泊りだった)


ありゃりゃ・・・それはそれは、大変でござる。

家で寝ないと、疲れが取れないオットー。

泊まりでは疲れるだろうな・・・


和総菜は、翌日(今日)にシフト、魚は私が二日にわたって全部食べることにして、

今夜はオットーには消化がよくて、栄養のつくとろろごはんでもつけてあげよう。


c0198685_18201912.jpg




そんなわけで昨夜は総菜つまみに一人(ソロ)晩酌。

日本酒ちびちびぐびぐび。色気ゼロ(笑)
[PR]
# by minako_misho | 2009-01-22 18:27 | うちごはん 和 | Comments(11)

赤倉観光ホテル「白樺」

もうだいぶ経ってしまいましたが、

うさぎの体調が落ち着いた後、昨年行って気に入ったホテルへ又行ってきました。


赤倉観光ホテルです。


c0198685_1111471.jpg




昨年末リニューアルオープンして、さらにおしゃれで快適な部屋になっていましたが、

昨年の、クラシックホテルらしい風情も捨てがたかったなぁ…



ここを選んだ目的は温泉とスキーなんだけど、それに加えお食事も。

温泉で疲れを癒して、おいしいものを食べようということで。



食事は今回もフレンチ、和食と両方いただきましたが、

なぜか間違えて写真を消去してしまったので、和食の一部だけ、UP。





鮟肝に独活、焼き舞茸がおいしかったです。(独活はみえないけど、下にあります)
c0198685_11125199.jpg


前菜、色どりがきれい・・・
c0198685_11132881.jpg


お刺身、新鮮でぷりぷり、ピチピチ♪
c0198685_11135695.jpg


ぐじ(甘鯛)の蕪蒸しは、実は、例によって食べてから撮りました(笑)端っこかけてるのわかる?
c0198685_11142166.jpg


霧下こそばの蕎麦がき♪これが食べたかったので、うれしさひとしお!
c0198685_11144771.jpg


お魚はのどぐろ。手前は甘長に彩り野菜。
c0198685_11151093.jpg


治部煮風。
c0198685_1115287.jpg


ズワイガニののったせいろ蒸しご飯。蟹の炊き込みは、苦手なのでこれはうれしい!
c0198685_11154565.jpg


最後はデザート。(写真は省略)
あと、お酒(日本酒)いっぱーい(笑)



どれもこれもおいしくて。

なんとも幸せな時間を過ごすことができました。



メインダイニングのフレンチも、相変わらずきっちり作られていておいしいんだけど、

今回はお魚とお蕎麦のおいしさで、

今シーズンオープンの和食「白樺」というレストランがより印象深かったです。



お値段は、旅行のプランに食事付きなので個別にはわからないんだけど、

旅行代金もそう法外な値段ではなく、その点でも好印象。




そして、

このホテルのホスピタリティは大変素晴らしいといつも感心するのですが、

特に、

この白樺のスタッフの方々には、

思わず嬉しくなるような気持ちのよい接客をしていただき、

そのおかげで食事も一層おいしく感じられ、深く記憶に残るものとなりました。





来シーズンも、また行けるといいな。。。
[PR]
# by minako_misho | 2009-01-21 11:44 | 外食 和 | Comments(8)

青春時代は遠くなっても

青春時代からはだいぶ時は流れたけれど、

青春18きっぷ は今でもそばにいてくれる♪



我が家の冬の定番日帰り電車旅。

青春18きっぷ&シーハイル上越号で、昨日は新潟へ。

c0198685_18475177.jpg





一応、スキーに行くために、この切符を買っているのだけど、

移動時間往復10時間(うち、電車に乗っている時間が7時間弱)で、

スキーは3時間半くらい。

と、いうことは、

この旅は、どう考えても日帰りスキーではなく、

青春18きっぷで、ローカル線に乗る旅(スキー付き) 

だろう・・・(笑)



しかも、

昨日は帰りに事故で、さらに一時間遅れ。合計8時間以上電車に乗る羽目に・・・

途中駅で何度も、「通常の快速列車が先に出発」、「いや、やはりこちらが先発」と、

情報が錯そうし、その状態をそのままアナウンスされるため、

みな、大きな荷物やスキーをかかえて、列車を降りたり、また戻ったり、

昔懐かしい「アメリカ横断ウルトラクイズ」さながらに、

スーツケースを持ったまま右往左往する人々のよう・・・(含む私)



人身事故で亡くなっている方がいるので、事故自体は笑いごとではないんだけど、

それよって起きた列車の遅れに振り回されてドタバタする人々の姿というのは、

疲れてヘロヘロのスキー帰りが大半ということもあって、

大きな荷物を持ってホームに降りたり、また列車へ駆け戻ったり、

振り回されてさらにヘトヘトになって座席に帰りつくとみな、

怒る気力もなく、脱力感から苦笑するばかりで、ちょっとした喜劇のようでありました。



情報錯そうも、列車ダイヤが乱れたあと、

ダイヤのスジ引き(仕切り直し)がとっさに上手くいかなかったんだろうなぁ。

混んでいる夕刻だったし。



それにしても、

最近、人身事故が多いなぁ…

これって不況の影響なのか?




そういえば、

スキー場で食べたランチは、毎年恒例の石窯焼きの本格的なPizzaを出す店で。

c0198685_18485972.jpg






お値段も本格的なんだけど(笑)、いつもランチタイムは行列必至の人気店。

だったのが、今年はやたらと空いていた。

これも不況のあおりなのかしらん・・・




それにしても、

日帰り10時間の旅(スキー付き)は青春時代から遠くなった人間の体にはこたえるなぁ。

青春時代が遠くなってもそばにいてくれる18きっぷはありがたいけど、

やっぱり日帰りスキーは新幹線に限るわい・・・

それもできればグリーン車で・・・
(↑冬のスキー期間の商品などは、プラス1000円ほどでグリーン車に乗れるのだよんヽ(^o^)丿
[PR]
# by minako_misho | 2009-01-18 19:07 | おでかけ | Comments(11)

チビ太

正面から見て、鼻の穴がま~るく見える男性=チビ太(by 赤塚富士夫「おそまつクン」)

というのが、私の頭の中にある公式なんだけど、

今まで、その筆頭は川村隆一だった。



鼻の穴と、言えば、忘れておけないこの人、

北島サブちゃんは、鼻の穴、正面からよ~くみえるものの、ま~るく、というより、

ま~っ黒に見えるので、(ある意味、ブラックホール!吸い込まれそう)

顔全体ではなく、そこだけに視線が集中するため、

チビ太というイメージに一気に変換されないのだ。



そこへ赤丸急上昇、新人登場!!!!


三浦友和&百恵夫妻の長男。ナントカくん。(名前忘れた)

一目見て、目が釘付け!!!


チッ、、、チビ太だーーーーーーーーっ!!!!


川村隆一→ナントカ君→チビ太

完璧な、相似形に思えるのは、私だけだろうか…?




ん~~~、朝っぱらから、なに考えてるんだろう(笑)


でも、どうしても、鼻の穴って気になって仕方ないのよねぇ。

私の鼻の穴がデカイからなのか、人の鼻の穴がとっても気になる。
(↑推定では北島サブちゃんサイズ)

正面から丸見えじゃないのでそう目立たないだけで、そりゃ見事なのだ~(自慢にならんが)



憧れは、西洋人のような、縦長の鼻の穴。(当然、私は横長)

そういう鼻の穴をしている人を見ると、(できれば、日本人で、縦長が望ましい)

磁石に吸い寄せられるようにステキ~っと思ってしまうのだ。

(あと、女の子で小ぶりな鼻の穴って感じが好きなのは深津絵里チャン♪)



ま、縦長は好みってことで、とにかく鼻の穴が気になってしょうがない。

鼻の穴というと、縦長でも横長でも、

正面から見てまんまる~って鼻の穴にも反応してしまうんだなぁ。



あ!!


でも、

いっつも人の鼻の穴を凝視しているってことではなく、

パッと目につく鼻の穴に出会うと、目が離せなくなるってという意味ですから、

普通に目立たない鼻の穴にまで、毎度注目はしていませんよ(笑)

たまたま、今日、そういう鼻の穴の持ち主を朝から目にしたので、

思わずカミングアウト&語ってしまったというわけです。





だけど、こんなこと書くのはどうかと思わなくもないので、
(書いておいてなんですが・・・)

これからこういうのは【新カテゴリー「王様の耳はロバの耳」】ってことにして、

心情を吐露していくことにしようと思うのであった。。。。
[PR]
# by minako_misho | 2009-01-16 09:27 | 王様の耳はロバの耳 | Comments(4)

和風ローストポーク

しばらくごたごたしていて、家でまともにご飯も作る気にならず、

間に合わせのような、やっつけ食事が続いていた我が家。

心配の種だった愛兎の体調が戻ってきたのをきっかけに、またぼちぼち作り出す。



でも、

肝心のやる気がまだまだ。


よって、ダダーンと簡単に作れて、ちょっと手がかかっているように見えるもので、胡麻化している。

先日焼いた、ローストポーク。

c0198685_2112658.jpg

↑なんかやる気のなさが漂っている・・・一緒に焼いた里芋がくたびれ感をかもしだしてるし。


肉本体への味付けしみ込みに時間をかけずに焼いたので、

付け合わせの野菜(和風の味付けサラダ)とからめて食べることで、

無理やり、和風ローストポークとする。

c0198685_21124087.jpg




味付けは、和風っぽくなっているけど、料理としては洋風?なので、

カテゴリーは洋風としてみたけど、

毎度、この分類が途中からぐちゃぐちゃになっちゃうんだよなぁ。。。(笑)

↑整理ベタの証明?



まあ、まだよくわからないけど、

このブログはわりとシンプルで使いやすそうだから、

そうなったらあとで直していけばいいかなぁ~と、

とりあえず記事をUPして練習してみるなり。
[PR]
# by minako_misho | 2009-01-15 20:48 | うちごはん 洋 | Comments(4)


minako_misho(別名kasuga tamaco)と申します。時々更新してます。お返事をマメに書けない時はコメント欄、閉じています(メールはリンク先のうさぎブログにあります)


by minako_misho

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル